Home > 活動・イベント> 過去のイベント

TICAD閣僚会合サイドイベント
「アフリカのきれいな街プラットフォーム」

2017年8月24日
マプト、モザンビーク

モザンビーク・マプト市で行われたTICAD閣僚会合に合わせ、「アフリカのきれいな街プラットフォーム」の紹介と参加の呼びかけを目的としたサイドイベントを、2017年8月24日に、環境省、国際協力機構(JICA)、国連環境計画(UNEP)、国際連合人間居住計画(UN-Habitat)の共催で、開催しました。イベントには、閣僚会合の各国代表団、モザンビークの政府及び自治体、横浜市、日本企業、青年海外協力隊員など約100名が参加しました。

冒頭、マプト市のデイヴィッド・シマンゴ市長が歓迎挨拶を行った後、武部新環境政務官が開会挨拶を行い、プラットフォームの推進と多くの国の参加を呼びかけました。モザンビーク土地環境農村開発省環境局のジョアン・シプリアーノ課長はモザンビーク政府による廃棄物データベース構築などの取り組みを紹介し、マプト市のシモン・ムカベレ審議官は同市の3Rプロジェクトの概要とプラットフォーム設立の経緯を紹介しました。続けて、JICA地球環境部環境管理第二チーム柴田課長によるプラットフォームの概要と最近の進捗状況の紹介、横浜市資源循環局の河合部長による横浜市の廃棄物管理の経験と課題別研修の準備状況の紹介、UN-Habitatモザンビーク事務所ジョースト・モールマン所長によるアフリカの廃棄物問題の概況の説明、日本企業による浄化槽や有機ごみの炭化技術の紹介が行われました。質疑応答では、モザンビークにおけるプラットフォームの意義や、JICAのアフリカ民間企業支援の可能性などについて質疑がされました。最後に、JICA地球環境部山内部長が、閉会挨拶を行い「アフリカ廃棄物分野のパートナーシップの成功には、アフリカ各国のオーナーシップが必須である」ことを訴え、イベントを終えました。

 

開催場所

アヴェニダホテル、マプト市、モザンビーク

共催機関

環境省、JICA、UNEP、UN-Habitat

関連資料

プログラム (英語)

To the top