Home > 持続可能な開発目標

持続可能な開発目標

ゴール、ターゲット、指標

目標 11. 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

 

ターゲット 11.6 2030年までに、大気の質及び一般並びににその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たり環境上の悪影響を軽減する。

指標 11.6.1  都市で生成される廃棄物について、都市部で定期的に回収し適切に最終処理されている固形廃棄物の割合

 

 

目標 12. 持続可能な消費と生産のパターンを確保する

 

ターゲット 12.5 2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

指標 12.5.1  各国の再生利用率、リサイクルされた物質のトン数

モニタリング

指標11.6.1、12.5.1のモニタリング方法論は現在、両指標に責任を持つ機関であるUN-HabitatとUNEP、及び国際的な専門家達によって検討、開発されています。方法論開発の進捗状況は、追って掲載します。

To the top