Home > 活動・イベント > 今後のイベント

[報告] アフリカのきれいな街プラットフォーム(ACCP)第2回全体会合 2019年8月25~29日 横浜、日本

 

 

 

 

 

 

2019年8月横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の公式サイドイベントとして、「アフリカのきれいな街プラットフォーム(ACCP)第2回全体会合」を開催しました。8月26、27日に行われたメイン会合には、アフリカ38か国からの参加者に加え、国内外の民間企業や自治体、国際機関など、およそ450名が参加し、「レジリエントな都市の実現に向けた持続可能な廃棄物管理」をテーマに活発な議論が行われました。

1日目は、アフリカの環境・廃棄物分野での事業展開を図る日本や海外の企業から、事業や技術の紹介が行われ、展示・ビジネスマッチングも行われました。続いて、「アフリカ廃棄物管理・環境教育ガイドブック」が公表され、アフリカ各国や日本の環境教育や住民啓発活動の事例が共有されました。これらに加え、実務者向けに廃棄物管理の基礎を紹介する「アフリカ廃棄物管理基礎理解ガイドブック」が完成したことも報告され、参加者に配布されました。

2日目は、「アフリカ廃棄物管理データブック2019」の公表に続き、廃棄物に関するデータ管理とその活用の重要性、先進国の事例紹介と途上国における課題が議論されました。また、廃棄物管理の改善に向けた資金動員や政策的な優先順位向上のために必要な方策も議論されました。

会合の最後には、原田環境大臣をはじめ、共催機関、アフリカ参加国の代表から、2日間の議論の総括と今後のACCPの活動の促進に向けた抱負が示されたのち、「ACCP横浜行動指針」を全会一致で採択し、ACCP加盟の各国・都市や協力団体が連携を深め、適切な廃棄物管理を実現するために更なる取組みを進めることを確認しました。その結果、TICADの成果文書である「横浜宣言」及び「横浜行動計画」でも廃棄物管理の改善を進めることの重要性やACCPの枠組みの活用が明記されています。

会合期間中には、アフリカ各国からの参加者向けの特別セッション(8/25)、UN主催のSDGsワークショップ(8/28)、横浜市の廃棄物管理施設の見学(8/29)に加え、アフリカの子どもたちが描いた環境絵日記の展示も行われ、短期間に濃密な内容を盛り込んだプログラムとなりました。

 

開催場所

横浜市

テーマ

「レジリエントな都市の実現に向けた持続可能な廃棄物管理」

参加国・機関

アルジェリア、アンゴラ、ボツワナ、ブルキナファソ、カメルーン、中央アフリカ、チャド、コモロ、コンゴ共和国、コートジボワール、コンゴ民主共和国、ジブチ、エジプト、エスワティニ、エチオピア、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ケニア、レソト、リベリア、マダガスカル、マラウイ、モーリシャス、モロッコ、モザンビーク、ナミビア、 ニジェール、ナイジェリア、サントメ・プリンシペ、セネガル、南アフリカ、南スーダン、チュニジア、ウガンダ、ザンビア、ジンバブエ、日本環境省(MOEJ)、国際協力機構(JICA)、横浜市、国連環境計画(UNEP)、国連人間居住計画(UN-Habitat)、世界銀行、フィンランド環境省、国連地域開発センター(UNCRD)、ほか

言語

英語、仏語、日本語(同時通訳)

共同主催者

MOEJ、JICA、横浜市、UNEP、UN-Habitat

主要文書

ACCP横浜行動指針  英語 / 仏語 / 日本語
「アフリカ廃棄物管理データブック2019」  英語 / 日本語
「アフリカ廃棄物管理・環境教育ガイドブック」  英語 / 日本語
「アフリカ廃棄物管理基礎理解ガイドブック」  英語 / 仏語 / 日本語

プログラム<発表資料等詳細は近日掲載予定>

8月25日
特別セッション:アフリカの廃棄物管理における共通の課題と知見の共有
8月26~27日
ACCP第2回全体会合
8月28日
特別セッション:アフリカ廃棄物SDGs指標モニタリングワークショップ
8月29日
廃棄物管理施設見学(横浜市内)

環境省発表資料「アフリカのきれいな街プラットフォーム第2回全体会合の結果について」
外務省「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」

To the top